商品分類
banner

現在の場所:ホーム > スリムで手首スタイルのパネライの時計の簡単なレビュー

 何が特に買う価値がある、私はパネライのサリー40周年記念時計を考える価値があると思う、なぜですか?光と光の快適な体験は、現代建築のデザインから来て、そして、もちろん、今年の最大のハイライトである絶妙な動き、。今年は誕生の40周年ですから、ユニークな新時計が大人気となります。

 
パネライシリーズのように多くの友人は、シンプルで寛大なので。このシリーズのデザインは、世界的に有名なアーキテクチャに触発されて以来、シェル形状のライン、スケールの幾何学的構造、文字盤の装飾、時計の一部のマッチングなど、他の時計では利用できない古典的な要素をいくつか鑑賞することが可能です。
 
1976では、パネライシリーズが生まれ、陰気な業界の背景には、誰もシリーズは、今日のように人気があるだろうと思った。現代のベルサリーは3世代を経験しています。各世代の機能の独自の別個のシリーズがあり、デザインのインスピレーションと同じではない、ミラノのネオ古典主義の建物のインスピレーションの源として、新しいサリー記念手首の時計は、バロック様式のアートスタイルとイタリアの古典的な建築の特徴のユニークで湿ったラジアンデザイン解釈を通じ簡潔で流暢なダイヤルレイアウトを作成するために、時間の指示で読みやすい細い秒針、絶妙なインペリアルクロックと分針を使用しています。興味深いことに、パネライスーパーコピー時計のベゼルは、バロックとエマニュエルアーチ、曲面、アーチ、滑らかなライン、繊細さの建築のインスピレーションを具現化する非常に装飾的な構造の組み合わせである二重アーチ型の構造を、使用しています。
 
明らかに、すべての詳細は、時計のコレクションの古典的な魅力を達成しており、クラウンの形は、レジャーのモダンな感覚で設計されていませんが、独特のアーチ型の要素とバロック様式のドーム。それぞれの記念の時計、革素材のストラップのパネライの選択、および味のシンボルに圧力、高貴な竹の質感。弾力性のあるレザーストラップは、快適な手首のタッチをもたらします,赤茶色のレトロな色調は、時計に洗練された気質を追加しながら、.
 
ケースは、ステンレス素材を選択し、絶妙な豪華な視覚効果を達成するために、ケース表面は、ローズゴールドの薄層でコーティングするpvd技術を使用して、簡単にフェードとフェードに加えて、また、特定の耐摩耗性を達成することができます。もちろん、パネライ時計の優れた特徴は、薄いケース、通常の完全自動機械式時計の厚さを完全に超えている6.95ミリメートルケースの厚さ、の利点は、非常に着用しやすいですし、優れたテーブルレベルを象徴しています。
 
パネライの時計製造の哲学の最も重要な側面の一つは、デザインです,新しい記念手首時計ダイヤルは、特別にサンドブラスト粒表面効果を使用しています,マットブラウンは、手首を与える落ち着い男の文字を見る,ホワイトラッカースケールとダイヤルは、シャープなコントラストを形成するために、簡潔に"ポイント"、米国の"ライン"の要素はちょうど(それが3次元の金属である場合、より美しいかもしれませんが、これは厚さを増加します)。
 
もう一つの非常に顕著なデザインはパネライの6時の位置で、排他的な、ないレトロスタイルのフォントの使用は、時計の古典的な性質と、このシリーズの独自性を強調し、これはの40周年を記念していると言われている偉大な賛辞。時計をより絶妙にするためには、多くの場合、スルーデザインを使用して、その動きを見ることができるように時計を見ている人をすることができますリズムエステ感覚。ETA2892をベースにした最初の1192キャリバー自動巻きムーブメントはタイプ1197自動巻きムーブメントの基本ムーブメントでもあります。運動のパフォーマンスは、過去にパネライGMTシリーズコピー販売が使用するETA2824の動きを超えて行くと美学でも優れています。装着面では、レザーストラップ付き腕時計が針留め式で、このシンプルで実用的なクラスプスタイルは非常に人気がありますが、レトロな魅力も浮き彫りになります。同時に、安全のために、テーブルのバックルは比較的薄い。
 
この点で私の最高のアドバイスは、専門の鑑定士、信頼された時計屋に相談したり、パネライの家に直接行くことですが、我々は自分自身のためにそれを勉強したい場合は、考慮するいくつかの基本的な側面があることを先に行く。
 
私は、慎重かつ詳細な感謝の後、あなたは確かにパネライバーゼルサリーメモリアル時計のより包括的理解を持っていると信じて、それはまた、テーブルの上にカップルを持っている間、毎日の時計として、それは、明るいスポットの多くを持って、非ゴールドメッキの黒のプレートと他のオプションから選択するので、個人的には、今年はクラシックの購入の価値があると考えています。